あここの日日是好日

呼吸法や風水、ジムのことなど、あここの日常を通して感じた見えない力について書いていきます

熊本の繁華街 動画も^^

あここです。

熊本での暑さに慣れてしまったせいか、

神奈川の暑さがなんだかマシに思えます。

今日からお仕事も通常運転です!

バッチリ元気チャージしてきたので、ますます精進していくよう頑張ります^^

 

さて、熊本での最終日は繁華街へ遊びに行きました。

熊本は城下町なので、お城を中心に栄えています。

熊本駅の周辺はあまり栄えていません。

 

熊本の繁華街といえば、上通り(かみとおり)下通り(しもとおり)です。

アーケード街になっていて

この周辺にデパートも並んでいます。

(鶴屋というデパートは熊本ならではです)

 

上通りと下通りの間に大きな道が通っていて、横断歩道で繋がっています。

この横断歩道から熊本城を見ることができて、

よくテレビなどで映るアングルもここからのものです。

この大きな道には路面電車が通っています。

その様子を動画で撮ってきました。

今日はそれらを紹介していきます^^

 

まずは上通り

f:id:acocotan:20170821150047j:plain

入り口の様子

 

f:id:acocotan:20170821150501j:plain

中はこんな感じです。

上通りのアーケード入り口のすぐ左手に、岡田珈琲という喫茶店があります。

昔ながらのレトロな雰囲気で、一つ一つ丁寧に淹れてくれたコーヒーが

とっても美味しいので、立ち寄られた際はゼヒ行ってみてください^^

本当にオススメです。

www.okada-coffee.com

 

f:id:acocotan:20170821151308j:plain

岡田珈琲の店構え

一階がお店になっていて、二階が喫茶店です。

 

f:id:acocotan:20170821151344j:plain

ここの階段を上がっていきます。

一気にレトロな雰囲気に包まれます。

 

 

次に下通りです

f:id:acocotan:20170821151618j:plain

下通りの入り口

 

f:id:acocotan:20170821151827j:plain

下通りの中の様子

こちらの方がアーケード内も広く、若者向けです。

この日は平日の昼間なので割と空いていましたが、

夜になると若者たちで賑わいます。

それこそ夜遅くまでワイワイしています。

流行りのショップも多く入っているのでお買い物も楽しいです。

ここの通りにオススメの中華屋さんがあります。

 

f:id:acocotan:20170821152141j:plain

 紅蘭亭という熊本発祥の中華屋さん。

ここの太平燕タイピーエン)がとっても美味しいんです!!

この日も食べに行きましたが、めちゃ混みで1時間待ちだったので

残念でしたが諦めました〜。

ココは本当によく食べに行きます。

熊本に行った際にはゼヒ立ち寄ってみてください。

www.kourantei.com

 

このアーケード街を中心にたくさんの道が広がっていて

そこにもたくさんのお店があります。

歩いているだけでも楽しいですよ^^

 

f:id:acocotan:20170821153403j:plain

街ではこのような『負けんばい熊本』をあちこちで見かけました。

 

上通りと下通りは、横断歩道を間に挟むような形であります。

その間から熊本城が見えます。

ここからのアングルが、よくテレビで使われるのですが、

今は修繕中で、天守閣が見られないのがとても寂しかったです。

f:id:acocotan:20170821153837j:plain

横断歩道の途中にて

奥に天守閣の修繕の様子が見えます。

 

右手に見えるのが路面電車です。

動画も載せてみます。

 

上通りから下通りへ横断歩道を渡りながら、修繕中の熊本城が見えます。

その動画がこちら

 

この日はとっても暑くて、汗だくで撮影しました。

動画から暑さが伝わってきそうですね。

今日は熊本の繁華街の様子を紹介してみました。

旅行や出張などで熊本を訪れる際は遊びに行ってみてください^^

 

 

 

神奈川に戻ってきました^^

あここです。

神奈川へ戻ってきました。

熊本からぼちぼち車で移動して、無事に帰宅しました。

19日の朝6時半に出発して、日にちをまたぎ、

20日の2時に到着しました。

およそ20時間の長旅となって、もう体はバキバキの状態。

家に帰ってからの記憶が飛んでいます。

道中は事故が多かったりして、渋滞も続いていたので

予定よりかかってしまいましたが、無事に帰宅できて一安心のあここです。

家に帰るまでが遠足だよとよく先生に言われていました^^

(これ大切だなぁと痛感します)

 

今日はゆっくり体を休めて、明日からのお仕事に備えようと思います。

お風呂沸かして体をほぐしましょ、そうしましょ。

連休が続いて体を酷使したので、日常へスムーズに戻るために

1日かけて体をメンテナンスしていこうと思います。

 

明日から、熊本での様子を動画や写真を載せながら

記事を書いていこうと思います。

もうしばらくお付き合いください^^

 

 

 

さよなら熊本 またね

あここです。

さぁ、楽しい熊本生活も今日で終わります。

本日よりまた神奈川へ戻ります。

帰りも同じく車での長旅となります。

今朝は4時過ぎに起きて、身支度と荷造りをして

6時過ぎに出発しました。

熊本インターから九州自動車道に乗っていきます。

 

この10日間で、体も心も超回復しました。

心がずっと柔らかくなって、ほぐれていきました。

親戚のみんなの元気な笑顔が見られて、安心しました。

自然も街並みも熊本城も見て周ることができて嬉しかったです。

さようなら、また来ますね。

ありがとう熊本。

またね。

 

くまモングッズ 動画も^^

あここです。

8月も半ばを過ぎました。

お墓参りも終えて、一安心のあここです。

お盆に熊本へ帰省できる時は、手を合わせられるので嬉しいです。

 

熊本といえば。。。

そう、

くまモン^^ですね!

わたしはくまモンが大好きで、毎年帰省した時に買いに出かけます。

くまモングッズを思いっきり買いに行くのが楽しみの一つです。

今日はそのグッズたちをご紹介します^^

わたしがよく買いに行く場所が、熊本城近くにある城彩苑という場所です。

 

桜の馬場 城彩苑 | トップページ

 

 f:id:acocotan:20170818193608j:image

 

 f:id:acocotan:20170818193625j:image 

 

今回の戦利品はこちら〜ドン!

f:id:acocotan:20170818181014j:plain

数えてみたら、全部で22点ありました。

詳しくズームアップしてみます。

 

<食器類>

f:id:acocotan:20170818181327j:plain

 このマグカップは色違いで買いました。

この他にもお椀なんかもいろいろあって迷いましたが

今回はこれらをゲット。

 

<小物類>

f:id:acocotan:20170818181458j:plain

左上のは貯金箱です。

今年ナンバーワンの可愛さです。

熊本はスイカの名産地なのでスイカの箱なのかしらん。

これが意表をつく可愛さだったのです。

動画にしてみたので、最後に載せています。

ゼヒ見てみてください^^

他にもポーチやキーホルダー、小銭入れにメガネケース、馬油クリームなどなど。

 

 <コースターと爪楊枝入れ>

f:id:acocotan:20170818181627j:plain

これは熊本の伝統工芸品の花手箱から進化したもののようです。

木のものは暖かみがあって好きです。

お客さんが来たら、早速お出ししてみます^ ^

 

 

<大きなトートバッグ>

f:id:acocotan:20170818181744j:plain

これはカナリ大きなサイズで、上にファスナーが付いているので安心して使えそうです。

一泊くらいの旅行なら、これで間に合いそうです。

 

そして

今年の目玉がこちら!

たい〜ぎゃな感動したですばい。

(訳:とっても感動しましたよ)

動画に撮ってみましたよ^^

くまモン貯金箱>

 

 

この可愛さ〜!!驚きの可愛さ!!

心を鷲掴みにされ、思わずゲットしてしまいました。

くまモン会いたさに毎日貯金していこうと思います。

 

熊本の街を歩いていると、いたるところにくまモンがいます。

市役所の職員として、熊本をしっかりアピールして盛り立てています。

わたしが普段使っている小物はくまモンのものばかりです^ ^

わたしの癒しグッズとなっています。 

 

田原坂〜西南戦争と西郷隆盛

あここです。

段々、この暑さにも慣れてきました。

夕方にはトンボの群れを見かけるようになりました。

もう秋が近づいているんですね。

 

さて、昨日は熊本の植木に住んでいる親戚の家に遊びに行きました。

そこの近くに、西南戦争の激戦地だった田原坂という場所があります。

今はそこが史跡後として整備されていると聞き、

それはゼヒ行って、見てみたい!!と足を運びました。

今年は140周年のようです。

もんのすごい近代!

歴史から見たら、ついこの間のことですね。

 

ということで、

西南戦争のことについて軽く書いてみます。

(あここも歴史はそこまで詳しくないのですが・・・)

 

西南戦争は、旧薩摩藩士を中心とする士族たちが、明治政府の専制的な政治に

反対して起こした国内最後の内戦です。

明治時代では最大規模の日本人同士の戦いでした。

明治政府は近代化を急速に進め、世の中の仕組みを大きく変えようとし、

徴兵令や廃刀令秩禄処分など推し進めていきます。

(学校のテストで絶対出るところですよね)

士族たちは冷遇され、不満を増大させていきました。

1877年(明治10年)2月19日に西郷隆盛率いる薩摩軍に征討令が発せられ、

戦闘が始まります。

熊本城篭城軍を救援するため南下した政府軍と、これを阻止しようとする

薩軍が死闘を演じた場所です。

この田原坂は熊本城へ通じる唯一の道だったのでした。

そして、この西南戦争

同年9月24日、鹿児島県城山にて、西郷隆が自刄で幕を降ろし、終結します。

約7か月に及ぶ戦いは、熊本、大分、宮崎、鹿児島の九州4県にまたがり、

薩摩軍3万人、政府軍(官軍)6万人が動員され、約14000人の若者が命を落としています。

西南戦争は、数百年続いた武士の時代の終わりを告げるものとなり、

近代国家確立となる戦いと位置付けられています。

 

とまぁ、お堅い文章になりましたが、大体の流れがつかめばオッケーです^^

一言で言えば、

『薩摩軍 VS 政府軍(官軍)』です。

 

この戦いは7か月にも及んだとありましたが、

田原坂はその中でも激戦地となり、17日間もの間続きます。

田原坂の地で3,360名の命が失われています。

この地が今は田原坂公園となっていています。

その様子を写真で見ていきましょう。

 

行ってきたのはこちら

 

kumamoto-guide.jp

 

車で向かいました。

県道31号線を山鹿・玉名方面へ進んでいくと、右手にこのような場所が見えます。

f:id:acocotan:20170817072659j:plain

 

f:id:acocotan:20170817072914j:plain

 

この間をずーっと登っていきます。

 

f:id:acocotan:20170817073200j:plain

 

一の坂、二の坂、三の坂と続いていて、それぞれで戦いがありました。

 

登りきると

 

f:id:acocotan:20170817073624j:plain

 

ここに美少年の像があります。

f:id:acocotan:20170817074039j:plain

石に唄が書かれていました。

雨は降る降る 人馬は濡れる 越すに越されぬ 田原坂

        右手に血刀 左手に手綱  馬上豊かな 美少年』

 

薩摩の武士は、『チェストー!!』と気合を入れて闘っていたことも

とても有名ですよね。

 

この地での戦いは、1日に30万発以上の銃弾が、この局地で飛び交っていたとの

ことです。常に常に銃弾が飛び交う状態です。

想像を絶する光景だったと思います。

 

そして、慰霊碑も見ることができました。

f:id:acocotan:20170817085218j:plain

慰霊碑

その先に資料館があります。

f:id:acocotan:20170817085440j:plain

当時の様子や写真、発掘された実弾など、多くの資料が展示されていて、

とても見ごたえのある内容でした。

立ち寄られた際は、ゼヒ入ってみてください。

 

中に可愛らしいくまモンのお人形もいましたよ。

f:id:acocotan:20170817085909j:plain

 それぞれの戦闘服です。

くまモンが着てくれています^^

 

この場所に来て、当時の写真を見ていると、

本当に本当にあったことなのだと実感していきます。

今立っているこの場所で起きたことなのだなぁと現実味を帯びてきます。

同じ日本人とは思えないほどの生き方に、感動すら覚えるのでした。

今からほんの140年前に日本で起こった戦いです。

このような史跡に訪れて、その時代を五感で感じてみることも大切だと

感じました。

 

〜最後におまけ〜

黒糖ドーナツ棒っていうお菓子、食べたことありますか??

www.fujibambi.com

f:id:acocotan:20170817091609j:plain

f:id:acocotan:20170817091754j:plain

 

 

帰り道に本社があったので寄ってみました。

お土産にとっても好評だったので、たくさん買ってきましたよ^^

中にはカフェもあって、ゆっくりお茶することもできます。

工場の様子も見ることができて、その場で作っています。

こちらにも是非、寄ってみてください^^

 

 

 

 

 

 

熊本城の今

ここです。

ここ最近、全国的に雨が続いていますねぇ。

熊本も降ったり止んだりです。

こちらの雨は大粒でバーッと降って、カラッと上がるような激しい雨で、

関東のようなシトシトな雨はあまり降りません。

 

さて昨日は熊本城をぐる〜っと周って、様子を見てきました。

去年に比べて整理されているようにも見えましたが、

やはりまだまだ修復には時間がかかりそうです。

一部を写真に撮ってきたので載せてみます。

 

f:id:acocotan:20170816084332j:image

 

 f:id:acocotan:20170816084358j:image

ここは全体のうちのほんの一部の様子。

 

こんな風に崩れている箇所がいくつもあって、石垣の一つ一つが広場に集められて番号が付けられ、並べてあります。

これから一つずつ組んで修復していくのでしょう。

また立派な武者返しを見られる日が楽しみです。

 

 

 

 

からし蓮根

あここです。

熊本に来て五日目の朝を迎えました。

ここに来て、心身が回復して元気がチャージされると書きましたが、

不思議なことにあまりお腹が空きません。

気が充実していくので、食事からのエネルギーをあまり必要としていないのだろうと

推測しています。

体感としてはそのようなカンジです。

おそらく気が目減りしていくと、空腹を感じるのではないかと思います。

神奈川では常に心身が緊張状態にあって、気を消費しやすく、

いつも不足感を感じるので空腹になりやすいような気がします。

熊本では、体の中からぎゅーっとエネルギーが詰まっていって

満たされていきます。

なんというか、自然の力の方が強いのです。

ちょっと街に出たらそれこそ都会なのですが、

この場所は阿蘇山に守られているので、力強くあります。

 

あまりお腹が空かないと言っても、夕食は少し頂いています。

昨日の晩に熊本名物を用意してみました。

それがこちら〜ホイ!

f:id:acocotan:20170814061806j:plain

コレ、知っていますか??

辛子蓮根(からしレンコン)と言います。

熊本の郷土料理のひとつです。

茹でたレンコンの穴の中に辛子味噌を詰め込んで、しばらく置いたものを

小麦粉とターメリックをまぶして揚げたものです。

カラシが入ったまま食べると、あんまりにも辛くって鼻がツンとするので

わたしは軽くカラシを落として、少しお醤油をつけて食べます。

味は、レンコンとカラシの味と言うとそのままですが

美味しいです^^

お酒のツマミにも良さそうです。

(あここは下戸ですが。。。)

 

関東ではまず売っていないので

帰省した時に食べるのが楽しみの一つになっています。

 

東京では銀座熊本館に売っていました。

www.kumamotokan.or.jp

 

ここでは他にも熊本の郷土料理やらお野菜やら馬刺しやらお酒やら、

なんやかんやが揃っていて、いろんな物が置いてあるので

食べてみたい方、

ゼヒ足を運んでみてください。

くまモングッズもたくさん置いてあります^^

わたしも年に2〜3回行って、買い出ししています。