あここの日々是好日

呼吸法や風水、ジムのことなど、あここの日常を通して感じた見えない力について書いていきます

歯医者さん行ってきました

 

日めくりカレンダーを使っているのですが、

時が過ぎていくのをひしひしと感じます、あここです。

 

1月1日から毎日一枚ずつめくっていくと、カレンダーの減りで

日々が過ぎていくことを実感します。

あんなに分厚かったカレンダー。

気づけば、もう半分ないんだもの。。

一日一日を意識して大事に生かしていきたいと思います。

 

 

さて、昨日の続きですが、歯医者さんに行ってきました。

信頼している先生の元へ行くにしても、やっぱりコワイものはコワイ。

気合いを入れて向かいました。

 

待合室には数人の患者さんがいて、空いている席に腰掛け

呼ばれるその時をじっと待ちます。

その間も、診察室から聞こえてくる音(歯を削っている間違いない)や、

消毒の匂い、

本来リラックスできるであろう有線から流れてくるオルゴール調の音楽に、

ますます緊張。

緊張のあまり、脳が振り切って、ウトウトして寝だす始末。

きっと現実逃避っていうやつですね。

 

20分程待っていると

『あここさん、中へお入りください』と呼ばれ、

ビクッとしつつも、そっと中へ入りました。

 

急な予約だったため、その日診てくださったお医者さんは若い方でした。

お口を大きく開けまして、診ていただいた結果、

 

先生『親知らずが歯茎を圧迫して炎症がおきていますね。

   抜きましょう、今日』←本当はもっと色々と詳しく説明してくださった。

 

あここ『。。。。。。。。』(あまりの衝撃に声もでないあここ)

    落ち着け落ち着け、抜く、のですね。

    抜くのは分かりました。。

    でも、抜くにしても今日、今?!

    今、抜きましょうと聞こえたけれど。。

    え、え、どうしよう、どうしようどうしようどうしよう・・・・

    逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだってこんな心境なのですね。。

    なんて言ってる場合じゃあない〜あぁぁぁ。。。

あここ完全にパニックでございました。

 

そんな様子を見かねて、いつも見てくださる院長先生が、

『あここさんはとても怖がりだからね、ちょっと見せてね、

 あぁ腫れているね、リンパまで腫れ出しているね

 今日はお薬を出すから、一度この腫れているところを落ち着かせようね

 それから、次の予約で抜こうね』

 

と診立ててくださいました。

うぅ、あ、ありがとうございます。。

 

そんなカンジでございました。

診察台から起き上がると、背中に汗がびっしょりなことに気づき、

ぐったりしてしまったあここでした。

 

若い先生もとても分かりやすく丁寧に教えてくださいました。

ありがとうございました。

多分、わたしが異常に怖がりなのでしょう。

 

さぁ、お薬しっかり飲んで、回復したら、

次こそは抜歯です!