あここの日々是好日

呼吸法や風水、ジムのことなど、あここの日常を通して感じた見えない力について書いていきます

夏の匂い

こんにちは 

昨日は暴風雨でしたが、今朝は風もなく穏やかです。

そんな穏やかな今日、未だに親知らず抜歯後の痛みと闘っております

あここです。

今日は暑くなりそうです。

 

そうそう、昨日は夏至だったんですよね。

一年で一番、日の長い日です。

夜の19時を回っても外が薄ら明るくて、今日は日が長いなぁと思って

調べたら夏至でした。

そんな昨日は一日雨でしたが、夕方頃には上がり始め、太陽をほんのすこし

感じることができました。

暦の上ではもう夏なんですね。

夏の匂いがしましたよ。

 

匂いって記憶との結びつきが強いですよね。

懐かしい匂いを感じた時、ふと昔の記憶が蘇るなんてことも

よくあると思います。

匂いと共に思い出される情景は本当にリアルに感じられます。

その時の感情から、肌感覚まで細かく鮮明に思い出されます。

切ない思い出も中にはありますよねぇ。

昨日の夕方に感じた匂いはまさしく夏の始まりを知らせるかのような香り。

子供の頃、ワクワクしていた気持ちを思い出しました。

雨上がりの、土の匂い、少し蒸した肌触り。

西に沈む太陽の紅。

全てが素晴らしく、しばし見とれてしまいました。

子供の頃よく遊んだ田んぼの畦道、田植えが終わった田園

その近くを走る新幹線

太陽が沈んでいく夕方の情景

わたしはその時、父と弟と自転車に乗って、おたまじゃくしを捕まえに

来たのでした。

田植えの終わった田んぼに小さなおたまじゃくしが沢山います。

父が網ですくって、虫かごの中に水を張ってそこへそっと入れてくれたのを

覚えています。

わたしと弟はそれが嬉しくて嬉しくて、キャッキャッと喜んでいました。

 

家に持ち帰って、おたまじゃくしからアマガエルになるその時まで飼っていたように思います。

足が少しずつ生えてくるのを観察していた記憶もあります。

そんな夏の思い出。

 

昨日の夕方、雨上がりの外を見ながら、匂いと共にそんなことを思い出しました。

あの頃流れていた時間が本当に愛しく感じられます。

わたしの優しい思い出の一つです。

 

普段なら忘れてしまっている記憶も、どこかへ行ってしまったわけではないんですよね。

ちゃんと大事に宝箱に保管されていて、匂いという鍵をふと手にした時、

その宝箱が開くようになっているようです。

なんだか懐かしくて嬉しくなり、ブログに残してみました。

 

今度実家に帰ったら、家族でそんな思い出話をしたいなぁと思ったあここでした。