あここの日々是好日

呼吸法や風水、ジムのことなど、あここの日常を通して感じた見えない力について書いていきます

まさかのドライソケット

こんにちは 

やっと梅雨らしくなってきましたね。

今日はギリギリ曇りらしいので、たまってる洗濯物をキレイキレイにしましょ。

部屋干しはなるべく避けたいあここです。

 

さぁ、親知らずを抜いてちょうど一週間経ちました。

先週の月曜日に抜いたんですが、

恐れていた事態となってしまいましたー、うぅぅ。。。

 

ドライソケットという症状です。

抜歯した後の傷口がなかなか塞がらなくて、中がむき出しの状態。

もう書いているだけでコワイですね。

その状態がまさに今というわけです。

本当は抜歯後、血の塊が傷口をふさいで、徐々に治っていくはずなんですが、

なんらかの理由でそれが取れてしまうと、このような状態になってしまうようです。

傷口の下はすぐ顎の骨になるので、この状態はかなり激しい痛みが伴います。

もう、顔が歪むほどの、今までに経験したことがないほどの痛みで、

全身から冷や汗が出て、心臓がドキドキするくらい痛いです。

呼吸するのもそっと。。。そーっと。。。

こんな状態では日常生活や仕事にもかなり支障が出てきます。

精神的にもツライのが正直なところです。

 

なので痛み止めの鎮痛剤が手放せない日々。

3〜4時間程しか効かなくなるので、その度にロキソニンを飲んで抑えます。

 

ドライソケットという症状に関する情報は、ネット上にたくさんあります。

わたしもこの一週間いろんな記事を読んで勉強しました。

勉強して知識もある程度入れて、分かってはいても、

あまりの痛みに、心が折れそうになるのです。

激しい痛みは体力も気力も大きく消耗します。

夜中に痛みで起きあがり、薬を飲んで痛みが引くのを待つ間、

本当に心細くて、泣きたくなります。

『どうしてこんなことに。。。』

『どうしたらいいの。。。』

『ちゃんと治るかなぁ。。。』

『元に戻るかななぁ。。。』

そんな思いが頭をグルグルかけ巡り、取り乱しそうになります。

 

でも、ここで大切なことに気づきました。

重要なのは、冷静さを保つことです。

そして、痛みが出た時、冷静でいられないことを自覚することです。

 

・痛くなったら、速やかにお薬を飲んで、ある程度痛みを抑える。

・痛みが治まったら、冷静さを取り戻すことに専念する。

・そして、落ち着いて日々を過ごす。

・きちんと病院に通院して、症状や状態を先生に伝えて適切に処置してもらう。

 

痛みに巻き込まれると、弱気になってしまうから、

これを自覚して、気をしっかり持つこと。

これに尽きます。

と、自分にも言い聞かせて、しっかり治していきたいと思います。

 

痛みもそうですが、日々の生活の中で似たような状況はたくさんあります。

焦ってパニックになったり、落ち込んで心が沈んだり。

どんな時も、状況に巻き込まれずに、

こういう時は冷静ではいられなくなることを自覚すること

そして

冷静さを取り戻すこと。

そこから、適切な行動を考えて行うこと。

今回のことで本当に勉強になりました。

 

さぁさぁ、本日も2件お仕事が入っております。

しっかり準備して、痛みを抑えて、できることをしっかりやっていきましょう。

夕方になったら、病院へ行って治療に専念します。

冷静に、落ち着いて、いきましょう。