あここの日日是好日

呼吸法や風水、ジムのことなど、あここの日常を通して感じた見えない力について書いていきます

気圧と自律神経と呼吸

こんにちは〜あここです。

昨夜は台風の影響で雨が強く降っていましたが、

今朝はカラッと上がって、晴れました^^

朝日を浴びて元気を充電中です。

 

雨が降り湿度が上がっている時もそうですが、

台風が近づき通過していく間、体の不調が出やすいです。

わたしの場合は、頭が重たくなり、肩が痛くなります。

あまりにヒドイと頭痛がしたり、気力が落ちたりもします。

気力が落ちてしまうと、何事もやる気が起きなくなったり

ダルくなったりします。

他にも、昔の古傷が痛んだり、異常に眠くなったりするという話も

聞いたことがあります。

梅雨時期は雨の日が続きやすいので、こういう症状も出やすくなります。

 

気圧が下がって、湿度が上がると、こう言った症状が出やすいです。

これは気圧の変化によって自律神経が乱れることに原因があります。

 

自律神経には、交感神経(やる気モリモリ状態)と副交感神経(リラ〜ックス)の二つの神経があります。

この二つの神経がバランス良く働いている状態であれば問題ありませんが、

低気圧の影響を受けると副交感神経が優位になりすぎてしまうので、

こうなると、

倦怠感(ダルいよ〜)や眠気、気力低下といった症状につながります。

逆に高気圧になると、交感神経が優位になります。

気圧から受ける影響は大きいですね。

 

そこで、こんな時、わたしが実践している効果的な方法をご紹介してみます。

 

<呼吸法をして自律神経を整える>

  呼吸は唯一、自律神経をコントロールできます。

  いつでもどこでも、寝ながらでもできるのでオススメです。

  呼吸法にはいくつかやり方がありますが、その中でも簡単にできる方法をご紹介

  します。

  

  ①お腹まで息をたっぷり吸います

  ②1秒止めて、へそ下の丹田を前に突き出して、そのまま息を吐きます

  ③これを10〜20回繰り返します。

 

  難しく考えずに、気軽な気持ちでやってみてください。

 

 

これからが夏本番ですね。

台風も増えてくると思います。

日常に呼吸法を取り入れて、自律神経とうまく付き合えると

日々過ごしやすくなると思います^^