あここの日々是好日

呼吸法や風水、ジムのことなど、あここの日常を通して感じた見えない力について書いていきます

気を作り出す呼吸法

hello~ あここです。

連休も終わりましたね。

今日もしっかり暑いですが、水分補給しながら

ぼちぼちいきましょう。

 

今日は自宅にて2件お仕事が入っています。

自宅では呼吸法のレッスンをしていて、一人一人の様子を見ながら

その方に合わせた個人レッスンをしています。

ジムで言うところのパーソナルトレーナーのようなイメージです。

気を充実させて毎日を過ごすことの大切さを伝えたり、

実際に気を体感していくように進めています。

呼吸法では気力を回復させる、または今の自分が持っている以上の気力を

作り出すことで日々をこれまで以上に自分らしく生きることを

目的としています。

気力と言われても、聞いたことはあるけれど、それって何??

気力が私たちの生活にどう影響しているの??

いまいちピンとこないですよね。

 

なんとなく毎日が不安で仕方ない。

日々を生きることに精一杯で、やってみたいことに手を伸ばせない。

自分のことが自分で分からない。

どうしたいのか、何を感じているのか分からない。

やらなきゃいけないのは分かっているのに、やる気が起きずに手がつけられない。

もっと出来るハズなのに、こんな自分を好きになれない。

生きている実感が感じられない。

etc...

これは全て気が減っている、足りていない状態です。

 

では『気』とは何なのでしょうか。

気とは言い換えると生命エネルギーと言えます。

生命エネルギーとは、生きていくために必要なパワーです。

これは体のパワー(体力)ではなく、内面にある意識のパワーです。

体は健康で体力もあるのに、なぜかやるべきことに手をつけられない、

やる気が起きない、といったことを誰しも経験したことがあるのでは

ないでしょうか。

これは気のパワーが減って、行動に移せないということが起こっています。

これでは日々を生き生きと活動するのは難しいですよね。

 

私たちはこの世に誕生する時、お父さんとお母さんから、一生を生きていく

ための気力をプレゼントされます。

これには個人差があり、気の量が多い人もいれば、少ない人もいます。

多い人は活動的でエネルギッシュで元気な様子ですが

これが少ないと、活動量も小さく、心身ともに疲れやすいといったことになります。

これはどちらが良い悪いの話ではなく、このような性質があるということです。

気の量が私たちの日々の生活の満足度に大きく影響していると言えます。

自分の人生を日々、生き生きと生きていくために、

気力を充実させて、量を増やしていけたら、どんなに毎日が変わっていくでしょう。

 

わたし達の体は、自分で気力を回復させ、または量を増やすことができるように

作られています。

ただ、その方法を知らないだけです。

そんな気のお話を、これから書いていきたいと思っています。