あここの日日是好日

呼吸法や風水、ジムのことなど、あここの日常を通して感じた見えない力について書いていきます

月経前症候群〜わたしの場合〜

ハロー、あここです。

今朝も汗ダクで起きました。。

毎日暑いですねぇ、皆さん体調管理はバッチリですか??

今週末から大暑に入り、夏の暑さマックスになりますので、

水分補給しっかりしながら熱中症に気をつけていきましょう。

 

さて、そんなあここですが、昨日は一日中調子が良くなくて

全身ダルくて重たい、頭痛がする、首筋や肩が痛い、めまいクラクラ、思考力低下、

などなど絶不調でした。

もしやこれは熱中症??

昨日はそんな体を引きずりながら、やっと家まで帰り着き

そのままバタンと倒れ込みました。

 

それからおよそ1時間、体を動かすことができず倒れこんでいると

夫が帰宅。

『あここ、どうしたのー!』という声で起きました。

た、助かった〜と内心ホッとして、

シンドイよ〜と泣きつきました。。

そんなわたしを見た夫は、何やらピンときたようで

『大丈夫大丈夫、ちょっと待っててね〜』と

慣れた様子で晩御飯をさっと買ってきてくれて

オフロまで沸かしてくれ、あとは寝るだけにまでしてくれました。

夫が買ってきてくれたお惣菜をつまみながら、なんとか夕飯を食べ、

オフロにゆっくり浸かって体をほぐしました。

何から何までお世話になりました。。

こういう時、家族のありがたみが身にしみます。

(夫さん、ありがとう、ありがとう)

そのまま、泥のように眠り、気づけば朝を迎えました。

それでも体調は一向に回復せず、

頭痛も残ったまま、重たい体を起こして、ふら〜っとトイレへ。

そこでこの体調不良の原因が分かったのでした。

あ、始まった、生理。

そうか、生理か、そういえばそんな頃。

昨日の段階で、夫はきっと気づいていたのでしょう。。

あぁ、夫の方が気づいているなんて、わたしったら。。

今月は生理前の症状が重たかったのだなぁとこの時気づく有様。。

(わたしは生理の予定日がずれることがよくあるので、分からなくなります。。)

黄体ホルモンの影響が強く出ると、症状も重くなります。

この時、体も絶不調なのですが、メンタルも絶不調になりやすい。

ネガティブな思考に入りやすくて、悲観的になりやすいのです。

こういった生理前の症状を月経前症候群PMS)と言いますよね。

個人差があるので、症状が軽い人もいれば、重くて起き上がれない方も

いると思います。

わたしの場合は、毎月ツライかといえばそうでもなく、

今月は軽くて済んだなぁと思う月も時々あります。

ただやっぱり症状が出やすい体質ですので、このツラさは本当によく分かります。

ツライですよねぇ。

本当にしんどい。

なので普段から少しでも自分にあった方法を日頃から見つけておくと

大分ラクになります。

 

わたしの場合は

・とにかく体を横にして休める。無理はしない(というかできない)

・塩分を控えた食事を心がける(水分を溜め込みやすい時期だものね)

・オフロにゆっくり浸かり、体をマッサージする(面倒だけどよく効きます)

・悲観的になりやすいと知っているので、この時に感じたことは本当じゃないと

 言い聞かせる(ホルモンの影響でこんな風に感じるのだと気づく)

・思考力が低下しているので、重要な決断は避ける。

・家族に素直に甘える(その方が家族に当たらなくて済むよ)

・アロマを焚いてリラックスする(これも本当によく効きます)

 

とこんなカンジです。

 

生理前の女性の体は本当にいろんな症状が出ます。

そのことを自分もよく理解して自分のことをよく知って

体を大事にしていくことが大切だなぁと改めて思いました。

そして家族と一緒に暮らしていれば、このことを普段から

伝えておくといいと思います。

PMSの症状って

メンタルも不安定になり、イライラしたり、メソメソしたりで、

家族に八つ当たりしちゃうことがよくあります。

そして生理が終わってメンタルが回復した時、とても後悔して反省していました。

なので、そんな風にならないために

家族に話しておくことも大切です。

わたしは夫にそんな話をよくしていたので

昨日は本当に助かりました。

 

女性の体は毎月こんな風にデリケートな闘いをしていますから

上手に自分の体と付き合っていきたいですねぇ^^

わたしもリラックスして過ごしていきたいと思います。