あここの日々是好日

呼吸法や風水、ジムのことなど、あここの日常を通して感じた見えない力について書いていきます

生理中の筋トレ

あここです。

セミが毎朝、元気に鳴いて起こしてくださいます。

おかげで寝不足ですわい。

 

昨日、生理前の症状(PMS)の話をしました。

女性は月に一度、生理がありますが、

それが始まる前に出るあらゆる症状がツライのです。

で、わたしもその症状がしんどいタイプですが

始まった途端にその症状はスッと落着きます。

本当にウソのようにケロっとその症状が治まります。

自分でもビックリするほどの変わり様。

調べてみると、排卵後にたくさん分泌される黄体ホルモンが

影響しているようです。

で、生理が始まるとこのホルモンが少なくなるので

症状が治るということです。

 

生理は体が妊娠のために準備してきたものを一度リセットするためのもの

なので、

この時期は女性ホルモンが落ち着きます。

この時期が一番、男性の状態に近いようなのです。

ということは

筋トレに効果的なゴールデンタイムとも言えます。

(あくまでも生理中の体調が良い時だけ、自己責任でお願いします!)

女性ホルモンは脂肪を溜め込む性質が強いです。

男性ホルモンは筋肉がつきやすいので、

生理中の女性ホルモンが少ない時が狙い目。

この時期に筋トレをすると、いつもよりも重いウエイトを持てたり、

いつも以上に追い込むことが可能なのだそう。

 

ということで

昨日が生理一日目だったあここがジムへ行って筋トレしてみました。

 

まず結果から報告しますと

本当にいつもよりパフォーマンスが上がった!

もう全然違う。

ウエイトしようと思った時、既に力が入れやすい。

 

レッグプレス

通常125kg➡︎175kgまでアップ!

信じられない。。

めちゃくちゃ重いけど、なんとか踏ん張れる。

 

レッグカール

通常15kg➡︎20kgまでアップ!

 

 

その他の物も、どれも力が入れやすく、いつもより追い込める追い込める。

集中して筋トレが出来ました。

体の体感がいつもと全然違います。

ホルモンの影響ってスゴイ、凄すぎる。。。

本当に自分の体なのかい?!とツッコミたくなるほどの結果。

 

男性があんなに筋肉が付く理由が、よくわかりました。

女性ホルモンが少なく、男性ホルモン優位な男性の体なら

確かに重たい重量でウエイトしやすいし、

筋肉もつきやすいよなぁとしみじみ思ったのでした。

 

女性は一月の間に女性ホルモンの分泌量が多い時期と少ない時期が

あるので

上手に付き合いながら筋トレすると効果的です。

生理中が一番女性ホルモンの分泌量が落ち着きますので

筋トレするならこの時期はゴールデンタイムと言えます。

ただ、生理中も具合悪いようなら決してムリは禁物です。

自分の体とよく相談をしてからにしましょう。

 

今回初めて生理中に筋トレをしてみましたが、

調子が良ければ絶好の筋トレウィークになることが分かりました。

生理が終わってからの一週間は、さらに脂肪が燃焼しやすいとのことなので、

それまでしっかり筋トレして筋肉をパワーアップさせて

脂肪が燃えやすい体に近づけていきたいと思います。