あここの日々是好日

呼吸法や風水、ジムのことなど、あここの日常を通して感じた見えない力について書いていきます

見えない情報をキャッチする方法

あここです。

ここのところ、曇りが続いていて過ごしやすく助かっています。

梅雨明けてからの曇り空が続くとは

なんとも天邪鬼な空模様でございますねぇ。

誰かさんとよく似ています。

(あここは天邪鬼です)

 

大暑真っ盛りなわけですが

7月28日〜8月1日頃までは七十二侯では

土潤溽暑(つちうるおうてむしあつし)の第三十五侯となります。

これ普通じゃあ読めませんよねぇ。

この時期はますます暑くなり、吸い込む息に熱を感じます。

息をするだけで体の中に熱を感じて肺が熱くなります。

そんな時は水浴びをしたり冷たいものを食べたりして

やり過ごすしかない時期ですよね。

プールや海、かき氷がピッタリです。

木々や草花たちはますます緑を濃くして

どんどん育っていきます。

公園の木々を見ていても葉の一枚一枚から、枝の一本一本から

元気が溢れています。

草花も一晩でものすごい成長をして驚かされます。

夏を全身で楽しんでいるかのようです。

 

この二十四節気と七十二侯を意識していくと

日々の細やかな変化に敏感になれるので、わたしは好きです。

 

そうそう、わたしの日課というか毎朝することの一つに

洗濯物を干しながら、その日の様子を感じるということをしています。

朝早い時間に、外に出て、その日の様子をただ感じていくというものですが、

最初はわからなくても

段々と感じてくるようになります。

例えば、今日は少し重たいようなカンジとか、

軽いカンジとか、そんな言葉にならない情報を肌で感じるようなことです。

こうしていくと、世界の雰囲気をつかむことができます。

この世界は目には見えない情報が溢れています。

自分の感覚を敏感にしていくと、

土地の様子や建物の様子、人が放つ気からの情報までも

キャッチできるようになります。

こうして自分の感覚を磨いていくと、目に見えるものからの情報以外に

プラスして見えないところの情報もキャッチできるので

より自分の人生が色濃く楽しいものになります。

一つの物事は表の面と裏の面がありますよね。

目に見える情報は、コインの表のようなものです。

コインの面は表だけではありません。

裏にも面があります。

見えていない裏の面の情報もキャッチして

初めてコインの全体を理解できます。

表も裏も全て知って、初めてコインを理解できます。

同じように、この世界のあらゆる場面でそれはあります。

 

例えば家を買う、借りるといった時。

希望していた条件にピッタリの家があったとします。

立地も広さも間取りも家賃も全て希望通り。

そして実際にその家を内見した時、なんだか冷たいような、ザワッとするような

居心地の悪さを感じることがよくあります。

これは、目に見える情報は問題なくても

土地や建物のエネルギー、家の周りの環境などの目には見えない情報をキャッチして

いる状態です。

実際にわたし達夫婦が以前住んでいた家がまさにそれでした。

条件はピッタリなのですが、土地や建物の持つエネルギーが悪くて、

心も体も上手く休まらず、

いつも体調が悪く、イライラしたり不安が突然襲ってきたり、ケガをしたり。。

そして

仕事にまで影響することが続いていました。

その頃、こういった事を甘く考えていたわたしは

住んで慣れてしまえば何とかなるだろうと考えていたのでした。

こんな経験から、

目には見えていない情報もしっかりキャッチして全体を見ないといけないと

身をもって痛感したのでした。

そこの家は2年もしないうちに引っ越す事になり、今に至ります。

 

目には見えない情報をキャッチできるようになると

より自分にとって必要な判断ができるようになります。

まずは毎朝、その日の様子を感じてみることから始めてみてください。

コツは頭を空っぽにして、胸で何を感じるかです。

慣れてしまえば簡単ですから、ぜひトライしてみてください^^