あここの日々是好日

呼吸法や風水、ジムのことなど、あここの日常を通して感じた見えない力について書いていきます

長岡花火の動画あり^ ^

あここです。

昨日、長岡から帰ってきました。

すぐにでも長岡花火のブログを書きたかったのですが

なんだかんだでバタバタして今日になりました。

 

3日の朝、横浜を出発しまして、まずはお宿の越後湯沢へ向かいました。

車で5時間のドライブです。

この日のBGMはオールYUIで気分を上げていきます^^

環八が激混状態でなかなか関越道に乗れず苦戦。。。

高速に乗ったらスイスイ〜でなんとか間に合いました。

宿に着いたのが午後3時前で、急いでチェックイン。

そのまま宿の方に湯沢駅まで送って頂き、新幹線で長岡へ向かいます。

午後4時半頃に長岡駅へ到着。

そこで見た光景は、ものすごい人人人。。。

さすが日本三大花火なだけあって、開始3時間前にもかかわらず

ものすごい人で溢れています。

ここで並んででもトイレを済ませまして、いざ会場へ向かいます。

歩いている道中に、チラホラと屋台が出ていたので、

わたしたちもいくつか美味しそうなものをゲットして、人の流れに沿ってゆっくり歩いていきます。

駅から会場まで通常なら歩いて20分くらいの距離ですが、

混んでいたので40分くらいかかりました。

会場に着いたのが午後6時頃。

自分たちの席で陽が落ちるのを待ちつつ、

買ってきたものを並べて、ゆっくり食べながら、その時を待ちます。

 

会場はこんなカンジ。

ものすごく広い会場でした。

f:id:acocotan:20170805081440j:plain

f:id:acocotan:20170805081244j:plain

 

花火が開始される7時20分までの間に、チョコチョコ食べながら

のんびり待ちます。

食べたのはこちら〜ホイ!

f:id:acocotan:20170805081622j:plain

定番ですよね〜^^

 

そして、だんだん日が落ちて会場も人で埋め尽くされていきます。

アナウンスが始まり、長岡市長からご挨拶がありました。

長岡花火の歴史はとても古くて、今から72年前の8月1日

空襲を受けた長岡は

亡くなられた方々の慰霊と平和を願い、その思いを伝えていくことを願っての

ものだどいうことでした。

わたしたち夫婦も平和を祈る気持ちを持って次々に打ち上がる花火を見ていました。

花火が打ち上がる度に、その思いが感じられるようで、

どこか切なく、そして力強く感じられたのでした。

 

ではでは、いよいよ花火大会の様子です。

こちらです!

まずは写真から。

f:id:acocotan:20170805082308j:plain

 

f:id:acocotan:20170805082336j:plain

 

f:id:acocotan:20170805082412j:plain

 動画も載せてみました!

 

広い空めいいっぱいに使って、迫力ある花火が次々に打ち上げられていました。

その様に心を打たれました。

花火が夜空に咲く時の音が、体にドン!ドン!と振動し

それもまたジーンと来るものがあるのでした。

フェニックスもとても有名ですよね。

中越地震の復興を願い、何度でも不死鳥のように蘇るよう祈りが込められた打ち上げ花火。

ものすごい迫力で、見ている人々に何か訴えかけるものがあったように思います。

素晴らしかったです。

 

長岡花火は、他の花火大会で感じられるお祭り感というよりも

復興を祈る思いを全身で感じられる花火でした。

その思いは会場にいる人々や、テレビの前で見ている全ての人に

届いたのだと思います。

こんな感動した打ち上げ花火は初めてでした。

 

今回初めての長岡花火でしたが、実際にその場に行けて、全身で感じられて、本当に良かったと思います。

まだ行ったことのない方はぜひ、一度ライブで体感してみてはいかがでしょうか^ ^