あここの日々是好日

呼吸法や風水、ジムのことなど、あここの日常を通して感じた見えない力について書いていきます

コンクリートジャングルを抜け出して

あここです。

暑いっ。

もう言わずにはいられない程に暑い。。。

セミの鳴き声も一段と大きく、ワッシワッシやらシャーシャーやらシャシャシャシャーやらジジジジジーやら、それぞれが精一杯の力で鳴いています。

それらが全部合わさって、一つの世界が出来上がっています。

野性味が濃くて自然の力が生きています。

心身がどんどん満たされていく。

体の密度がぎゅーっと詰まっていって、

心はどんどん開いて満たされていきます。

きっとここで暮らしている人には当たり前すぎて、日常すぎて

分からない感覚なのだろうけれど

普段、神奈川で生活しているわたしからすると

この差に驚くばかりなのでした。

ここへ帰ってくる度にそう思います。

(神奈川の土地をイメージで言葉にすると、硬くて冷たくて、緊張してしまいます。)

やっぱり月一回ぐらいの頻度で定期的に戻ってきて、元気をチャージしたいなぁと

思うのでした。

こんな風に書いていたら、本当に実現できそうです。

2泊3日ぐらいであれば、毎月帰ってこれるかしらん。。

(只今妄想中。。。)

そんな風にできたなら、どんなにいいでしょう。

近い未来、実現できるように計画してみまっす。

 

さぁ、今朝はのんびりな朝を迎えております。

後ろで母と祖母が、世間話に花を咲かせております。

そんな二人の話し声を聞きながら、このブログを書いています。

聞いているような聞いていないような、

でも二人の雰囲気を感じながら、ここにいます。

こんな穏やかな日は久しぶりで、頭のスイッチが切れたかのようです。

 

少し話は変わります。

今朝は暑くて曇り空だったので

祖母の家の庭の、草むしりをしました。

祖母の力ではもう草むしりなんてできるわけもなく

ものすごいジャングル状態だったので、

わたしたちがいる間にキレイにしようと思ったのです。

草むしりをしていると、いろんな虫たちが出てきて

最初はビックリしていたのですが、それにも段々と慣れてきました。

そうしてやっと土が見えてきて、その土に両の手の平を当ててみました。

そうすると、胸の奥の方が暖かくなって、そのまた奥の方が熱くなって、

グワーーーーーっとエネルギーが湧いてきました。

ぐわんぐわんと震えて止まりません。

そしてそのまま熱い涙がポロポロと零れ落ちるのでした。

ただ、土に手を触れているだけなのに

その手の平からものすごいエネルギーが流れ込んできました。

こんな風になるなんて自分でも驚きました。

なんだか最初から愛されているような、許されているような

受け入れてもらえているような、

そんな深い愛情を感じたかのようでした。

そして、あぁ自分を責めていたのはいつも自分なのだとハッとしました。

そんなことを気付かされたのでした。

 

コンクリートジャングルから抜け出すと

どんどん体が元気になります。

わたしたち人間も動物ですから、自然に触れていく生活が一番合うのではと

思いまいた。

日頃忙しくして、心身を疲弊されている方も多いと思います。

時々は時間を作って、エネルギーチャージのために

自然の中に身を置いてみてください。

どんなに高級なレストランや、エステでも比べ物にならないくらい

回復して満たされます。

あここも現在、エネルギーチャージ中です^^