日々是好日〜当事者研究の毎日〜

呼吸法や波動、風水、ジムのことなど、わたしの日常を通して感じた見えない力について書いていきます

自分を騙すことからの解放

あここです。

朝と夜に吹く風が涼しく感じられるようになりました。

8月最後の週ですね。

 

暦では初秋、処暑の天地始粛(てんちはじめてさむし)第四十一候に入ります。

8月28日〜9月1日頃までがこれに当たります。

天地始粛は、暑さが止むということのようです。

これから秋雨前線の天気図が多くなり、秋を迎えていきます。

雨が降るごとに涼しい風を感じられるようになりますよね。

運動の秋とも言いますから、8月にあまり行けなかったジムも

また頑張ろうと思います^^

 

さて、皆さんは自分が今を何を感じているのか、わかりますか??

当然自分のことですから、分かるに決まっているじゃんと思うかもしれません。

ですが、わたしはずっと分からない日々を過ごしてきました。

小学生、中学生、高校生、大学生と過ごす中で

だんだんと常識という観念を優先するようになり、

本当に感じていることと、こうした方が有利だから、こう思った方が良い

という常識・観念との

シーソーゲームが頻繁に起こるようになりました。

そしていつしか常識や観念の方が比重が大きくなり

わたしは自分が感じていることを奥の方にしまって、

自分を言い聞かせるようになっていきました。

 

何か違うと気づいても気づかないフリ。

大丈夫じゃなくても大丈夫と言い聞かせ、何も感じないフリ。

こんなことをずっと続けてきました。

都合が悪ければ自分の心に蓋をして、素直に湧いてきた気持ちを無視して、

見て見ぬフリをすることが上手になっていきました。

 

悲しさ、辛さ、虚しさ、恐怖、絶望感、無価値感。。。

見たくない、向き合うことがツライ感情はすべて無視してきました。

そうすることで、喜びも感動も、自分の好きなことも、表現したいことも

分からなくなっていきました。

心が動かなくなっていきます。

 

その生き方はますます色を濃くして行き、

社会人になってお仕事をするようになってから

自分の感じていることが全くわからなくなっていきました。

その方が、今の社会を生きていくのに都合が良かったからです。

当時、わたしは自分のことはいくらでも言い聞かせられるし、

騙して、誤魔化していけると信じていました。

自分で自分を騙していました。

そして、みんなもそうやって生きているのだと思っていました。

 

f:id:acocotan:20170828104813j:plain

 前にも紹介した味千ラーメン太平燕

あっさりしていて美味しいですよ^^

 

 そうして生きていくうちに、いざ、あなたはどう思うと聞かれた時、

答えられなくなりました。

どうしたいのか、何を表現したいのか、何が好きなのか、

自分のことなのに、自分でわからないのです。

心が完全に動かなくなってしまったようでした。

 

けれど、その生き方も長くは続かず、心の方が悲鳴を上げ始めました。

そして体も弱っていきました。

 

そんな自分を冷静に見つめた時、

あぁ、わたしは自分に戻りたいんだなぁと

心の底から思ったのでした。

 

その時から、わたしは自分にウソをつくことをやめました。

そうしていくことで、徐々に自分を取り戻すことができました。

 

わたしの場合は呼吸法を取り入れて、自分のチャクラを動かすことを

しっかりとやってくことで、さらに自分の感覚を上げていきました。

そうすることで、より自分の本質に近づいていけるように思います。

 

自分で自分のことがわからなかったり、感じられないこと

自分で自分を騙すことが、一番辛いです。

 

今は自分の気持ちに素直になって生きています。

そう決めるだけで、とても楽になりますよ^^

 

今そんな余裕がない方は、深呼吸してみてください。

少しずつスッキリしていくと思います。